アイフルで1万円を即日借りる

覚えている人も多いと思いますが、ウルウルした目のチワワが出て来る「どうする?アイフル」のCMで有名になったのがアイフルです。

 

アイフルは東証一部上場企業で、大手消費者金融の中に数えられるブランドです。創業が1967年という老舗で、元は京都の個人経営会社だったというのですから相当に躍進した会社ですよね。

 

1982年からアイフルというブランドになり、ピークの時代には年間5,500億円の売上があったという最大手です。残念ながら一時、度を越した取り立てなどで業務停止命令を受けたことがあり、その後企業として経営を立て直すまでは非常に厳しい時代があったようです。

 

ただ、それを機に経営理念から見直し、誠実な企業として生まれ変わって社会から支持を受ける努力を続けた結果、バブル期以後銀行の傘下に下った消費者金融が多い中、いまだに独立系として経営を続けています。

 

かなり徹底した内部整理を行い、結果的に自力で生き残ったブランドだと言えるでしょう。

 

・おまとめローンに注力

アイフルは、おまとめMAXや借り換えMAXなどのプランを持ち、積極的におまとめローンに乗り出しているのが特徴です。顧客有利になる場合には年収の3分の1を超えてもOKという法律なので、アイフルを昔利用したことのある人が対象となるおまとめMAXなどは人気の高いプランです。

 

この場合の金利は最高で15%なので、特別安いというわけではありませんが、銀行並みの金利で500万円までまとめることが出来ます。

 

複数社から借り入れの多い人なら、一度検討してみても良いかもしれません。

 

・女性専用にも積極的

レディースアイフルという商品は、すべて女性スタッフが対応する窓口になっています。
基本的に収入の無い専業主婦は借りられませんが、パートでもアルバイトでも定期収入があれば申し込むことは出来ます。

 

希望額が50万円未満であれば審査も非常に早く、比較的気持ちのハードルが低いプランです。

 

アイフルの詳細
入会費無料
確認書類

運転免許証など

(運転免許証がない場合は、健康保険証・パスポートなど)

※50万円以上の借り入れの場合は収入証明書が必要です。

保証人不要
限度額1,000円〜500万円
実質年率4.5%〜18.0%

 

 

アイフルの情報をもっと詳しく見る

 

アイフルのオススメポイントについてまとめてみましょう。・即日融資も可能急ぐ場合にはインターネット経由での申し込みをすることで、平日14時くらいまでに審査が終わり、契約が14時10分までに完了すればその日のうちにキャッシングすることは可能です。審査が特別早いというわけではありませんが、問題が無い場合には最短30分というので、朝イチから申し込...

アイフルの必要書類、収入証明書の要・不要のまとめです。・必要書類について本人確認書類は、運転免許証を基本としています。運転免許証を返上して得られる運転経歴証明書も同等の扱いになりますが、どちらも持っていないという人は保険証や顔写真入の住民基本台帳カード、パスポート、外国籍の人は在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明証、公的証明書など...

アイフルを借りるまでの流れをまとめおきましょう。・申し込み申し込みの方法としては、インターネット経由、アイフル店舗、アイフルの契約ルーム、電話などがあります。インターネットはパソコンやスマートフォン、携帯電話からアイフルの公式サイトへ行って、必要事項を入力すれば審査が始まります。アイフルは比較的店舗が多いので、店舗へ出向いたり、自動契約機...

アイフルの借入方法と返済方法についてポイントをまとめてみましょう。・基本的な借入方法アイフルの借り入れ方法は比較的窓口が多く、インターネット経由、フリーダイヤル経由、アイフルのATM、提携金融機関のATM、コンビニの提携ATMなどが使えます。ただし、アイフル直営以外の窓口を利用すると、利用手数料がかかってしまうのがちょっと痛い点ですので、...