【チェックポイント】キャッシング契約後に注意すべきポイント

キャッシング契約をして、初めてキャッシングをした後に何をすべきか知っていますが?お金を借りてそれでおしまいということはありません。キャッシングはお金を借りてからが最も大切です。今回はキャッシング契約後に注意すべきポイントについて解説していきます。

 

・返済方法はどうなっている?

まず確認しておきたいのは返済方法です。中には自動的に口座振替になると勘違いしてしまい何も手続きせずに放置している人がいますが、当然返済が滞るので督促の電話や督促状がきます。

 

こうした事態を防ぐために、返済方法がどうなっているのかまず確認しましょう。基本的に、契約直後は銀行振込の設定になっていることが多いです。銀行振込の場合は自分で指定された口座に振込みをしなくてはならないうえ、振込手数料も自己負担なことが多いです。

 

また、うっかり返済を忘れていたということにもなりかねません。

 

そのため、契約直後に返済方法を口座振替に切り替えることをオススメします。口座振替なら自分で振込手続きをする必要がないので、手間も振込手数料もいりません。

 

・可能であれば繰り上げ返済する

キャッシングでお金を借りると、基本的に分割による返済になります。分割による返済だと返済期間が長期化してしまい、利息負担が重くなります。そのため、可能であれば一気に返済を行ったほうがダラダラと返済を続けるよりもはるかに利息の負担が軽くなります。

 

もしお金に余裕があるなら、積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

 

・返済額と返済日の確認

毎月の返済日はいつで、返済額はいくらか把握していますか?

 

この2つを把握していないと返済できない可能性があります。キャッシングを利用してお金を借りたら、まずは返済額と返済日を確認しましょう。

 

そして、返済日が迫ってきたら確実に返済できるように口座振替の場合なら口座残高を確認し、それ以外の返済方法を利用する場合は前日までに入金をしましょう。返済が滞るとブラックリストに載ってしまい、クレジットカードやローンの審査も通らなくなるので注意してください。

 

・返済は返済日に必ずしましょう

当たり前のことですが、お金を借りたら返済日までに必ず返済をしましょう。

 

これは最低限のルールです。中には毎回返済が遅れたり、督促が来てからしぶしぶ返済するという人もいますが、こういう人はいずれどこもお金を貸してくれなくなります。

 

返済日に必ず返済をすることは必ず守りましょう。