返済ができなかった時はどうなる?対処法は?

あってはならないことですが、返済日にお金を用意できなかったり、うっかり返済するのを忘れていたという事態が起こることもあります。

 

・返済できなかった時の流れ

 

@督促の電話がかかってくる

うっかり返済を忘れていた場合は、翌日に担当者から督促の電話がかかってきます。しかし慌てる必要はありません。この時点では金融機関もただの入金忘れだと考えています。

 

そのため、その電話ですぐに返済の意思を示して口座に振り込めば何の問題もありません。クレジットヒストリーや信用に傷がついてしまうと心配する人もいますが、基本的にすぐに返済すれば問題ないので安心してください。

 

A督促状が届く

大抵は電話がかかってきますが、自宅に督促状が届く場合もあります。督促状と聞くとビックリしてしまいますが、督促の電話と同じようにそこまで心配する必要はありません。振込用紙が同封されているので、その振込用紙を使って振り込めば何の問題もありません。

 

・対処法

 

@返済の意思を明確にする

返済をうっかり忘れていたり、手元にお金が無い場合はすぐに利用している金融機関に電話をかけましょう。電話で返済の意思を明確にすることが何よりも大切です。金融機関からしてみれば返済の意思をしっかり示してくれれば安心することができますし、事情もしっかりと理解することができます。返済できなかった場合、まずは返済の意思を電話で明確にしましょう。

 

Aすぐに振り込む

当たり前ですが、返済の意思を示した後はすぐに返済をしましょう。すぐに返済すれば個人信用情報機関に延滞情報を登録されることもありません。一度延滞情報が登録されてしまうと、ブラックリストになるのでローンやクレジットカードが作れなくなります。そのため、返済の意思を示してすぐに返済するのが非常に大切です。

 

・長期延滞した場合の流れ

長期に渡って返済ができずに延滞した場合、督促の電話や督促状が頻繁に来るようになります。また、本人だけでなく家族がいる自宅や親族、勤務先にも電話がかかってくるようになります。

 

それでも返済が行われないと個人信用情報機関に事故情報が登録され、ローンが組めなくなるなど非常に不便な生活を送ることになります。

 

また、長期延滞でなくとも頻繁に返済が遅れると事故情報が登録されることになります。そのような事態を避けるためにも、返済日を把握して確実に返済をするようにしましょう。