【申し込み前にチェック】キャッシングする時に必要な書類は?

キャッシングはお金の貸し借りであるため、WEBで情報を入力するだけで借りられるという訳ではありません。本当に本人なのかといった確認や、住所が正しいのかといった確認も必要です。

 

そのため、キャッシングの申し込みにあたってはいくつか用意しなくてはならないものがあります。ここではキャッシングの申し込みに必要な書類について解説していきます。

 

・必要な書類

 

@本人確認書類

必ず必要な書類が本人確認書類です。本人確認書類とは運転免許証等の身分証明書が主に利用されます。運転免許証があれば一番いいですが、無ければ健康保険証やパスポートでも代用できます。

 

その場合、銀行のキャッシュカードの提示も求められることがあるので、念のため準備しておきましょう。

 

A通帳やキャッシュカード

必ず必要になるという訳ではありませんが、念のため用意しておいたほうがいい書類です。先ほども説明しましたが、本人確認書類が健康保険証などであった場合キャッシュカードの提示を求められることがあるからです。また、振込を希望する銀行口座の口座番号もすぐわかるので、念のため用意しておきましょう。

 

B収入証明書

利用する消費者金融機関から50万円以上の融資を希望する場合や、他社からの借入残高が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になる場合がほとんどです。収入証明書として利用されるものは主に以下の書類です。

 

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 給与明細書(直近数ヶ月分+1年分の賞与明細書)

 

主にこの3つからどれかを選んで提出するという形になります。数万円や10万円など比較的少額の借り入れの場合には収入証明書は不要です。

 

C現住所を確認できる書類

最近引っ越しをした人の場合、運転免許証等の本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合があります。その場合、現住所を確認できる書類が必要になってきます。

 

現住所が確認できる書類としては住民票のコピーや公共料金の領収書などが利用できます。これらの書類には現在の住所が記載されているため、本人確認書類と現住所が異なる場合は必ず用意しましょう。

 

D在留カードや特別永住者証明書

もし利用者が外国籍である場合は在留カードや特別永住者証明書が必要になります。

 

中には外国人への貸出を行っていない消費者金融機関もありますが、最近は合法的に日本に長期滞在している場合(永住者等)は貸出を行うケースもあります。外国人の場合は今までの必要書類に加えて、在留カードや特別永住者証明書の提出が必要なので注意しましょう。