ノーローンの必要書類と収入証明書

ノーローンの必要書類、収入証明書の要不要のまとめです。

 

・必要書類について

本人確認のための書類が必要です。対象となるのは運転免許証、健康保険証、パスポートなどの他、顔写真付の住民基本台帳カードであれば有効になります。

 

証明証には住所が記載されている必要があり、運転免許証などは裏面に裏書がある場合、裏面のデータも必要となります。引越しや結婚などで氏名や現住所と記載内容が食い違う場合は、他の証明書類が必要となります。

 

対象となるのは現在の氏名や現住所が記載された最新のもので、水道光熱費など公共料金の領収書、住民票等、国税や地方税の領収書、社会保険料領収書、納税証明書など公的な証明が必要となりますので、事前の準備が必要です。

 

・書類提出について

ノーローン側で推奨しているのは携帯電話やスマートフォンでデジカメ撮影したデータをそのままメール送信する方法です。もちろんパソコンにデータを移して送信しても問題ありません。

 

インターネットを使用しない場合は、同じグループの新生銀行カードローン レイクの自動契約機から送ることも出来ます。郵送も可能ですが、こちらは契約締結まで時間がかかります。

 

FAXで送信することも出来ますが、顔や文字が潰れて良く見えなくなることが多く、画像をキレイに送れる機能が必要です。

 

・収入証明書の要不要について

ノーローンの場合、契約の限度金額が50万円を超える場合に収入証明書が必要です。

 

ノーローンは新生銀行のグループではありますが、いわゆる銀行系のカードローンではなく消費者金融扱いなので、総量規制の対象となりますので、法律に則した形になっています。

 

該当する場合や、該当しなくてもノーローン側で必要と判断された場合には提出を求められますので、以下の書類のうちどれかを用意する必要があります。

 

・最新の源泉徴収票

・前年度の納税通知書

・直近2ヶ月分の給与明細書と、直近1年分のボーナスの明細書の両方

・前年度の所得証明書

・前年度の確定申告書で、税務署受け取り印のあるもの

・年金の証書または通知書

 

自己申告内容と食い違いがあった場合には、例え審査が通っていても無かったことになりますので注意しましょう。