キャッシングの利用条件と年齢

キャッシングの利用にあたってはいくつかの条件をクリアしなくてはなりません。条件をクリアしないとキャッシングを利用できないため、条件についてよく理解していることは非常に大切です。今回はキャッシングの条件について解説していきます。

 

・キャッシングの利用年齢について

まずはキャッシングの利用年齢についてです。キャッシングの利用年齢は基本的に20歳以上を対象としています。20歳未満の未成年はキャッシングを利用することができません。

 

20歳以上の人であれば、年齢制限はクリアしたことになります。学生であってもキャッシングは利用できるので、20歳以上の学生であればキャッシングできます。

 

逆に、同じ学生でも20歳未満だとキャッシングは利用できません。

 

つまり、大学3年生であればキャッシング可能ですが、大学1年生はキャッシングできないということになります。また、高校卒業後に正社員として働いていたとしても、年齢が20歳に満たない場合にはキャッシングは利用できません。

 

正社員として働いていようが、株取引で儲けていようが20歳未満はキャッシングできないので注意しましょう。利用年齢の上限は、65歳か70歳までが主流となっています。

 

多くの金融機関では定年退職する65歳を利用年齢の上限にしています。そのため、この年齢を超えてしまうとキャッシングの利用が難しくなってしまいます。

 

・安定した収入があること

利用条件の2つ目は安定した収入があることです。安定した収入があり、年齢が20歳以上であれば基本的にキャッシングが利用できます。

 

この安定収入とは、サラリーマンや公務員やアルバイトが毎月受け取る給与を前提としています。そのため、それ以外の収入だと安定収入とは認められず、審査落ちしてしまうこともあります。以下では通常の給与とは違う収入形態について説明していきます。

 

@投資の利益

株式投資などで得た投資収入は安定収入と認められないケースが多いようです。やはり投資という性質上、大きく儲かることもあれば大きく損をすることもあるので、安定した収入とは中々捉えられていないようです。

 

A年金

毎月支給される年金は一見安定収入と思われがちですが、実は安定収入とは認められないケースが多いです。そのため、老後にキャッシングを利用する場合は不動産所得などの安定した収入が求められる場合があります。また、年金を受給する年齢にもなるとそもそも利用年齢の上限に抵触してしまうケースが多く、年齢制限に引っかかってしまいます。