【要チェック】審査に通過するためのポイント

キャッシングを利用したいけど、審査に通るか不安という人は意外に多いです。

 

キャッシングの審査においてはいくつか注意しておきたいポイントがあります。ここでは審査に通過するためのポイントをいくつかご紹介していきます。

 

・申し込みブラックには要注意!

あまり知られていませんが、短期間に複数の業者にキャッシングを申し込むと審査に落ちる可能性が高くなります。複数の会社に同時に申し込むことを申し込みブラックといいます。

 

実は、キャッシングに申し込むとその申し込み情報が個人信用情報機関に登録されます。

 

そのため、あなたがいつどこの金融機関にキャッシングを申し込んだのかが他の業者も一目で分かるようになっています。たくさんの業者に同時に申し込むと、審査の時に何かお金によっぽど困っているのではないかと思われてしまいます。

 

また、他社の審査に落ちてしまうとその情報も登録されるため、ますます不利になります。そのため、同時に複数の業者に申し込まないようにしましょう。

 

目安としては、1ヶ月に3社以内に申し込みは抑えましょう。

 

・クレジットヒストリーが命

クレジットカードやキャッシングを利用すると、その返済履歴がクレジットヒストリーとして個人信用情報機関に登録されます。キャッシングの審査にあたっては、申込者のクレジットヒストリーは非常に重要な材料となります。

 

過去に長期の延滞や債務整理などの金融事故を引き起こすと、その事故情報もクレジットヒストリーとして登録されます。そのため、過去に金融事故を引き起こしていると審査に大きな影響を与えて審査落ちしてしまう可能性がグッと高まりますので、返済は確実に行うようにしましょう。

 

・他社からの借入残高に要注意

他社からの借入残高も非常に重要な審査材料です。あまりに他社からの借り入れが多いと審査にも影響を及ぼします。また、総量規制の問題もあります。総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけないという法律です。

 

これはその会社単独ではなく、他社も含めた全ての借入残高の合計です。

 

つまり、年収300万円の人が他社から既に100万円を借りている場合は、融資をすることは出来ません。そのため、既に他の業者から多額の借り入れをしている場合は、まず少しでもその借入金を返済する必要があるのです。他社からの借り入れを返済することで総量規制の問題もクリアできますし、審査にも通りやすくなります。