審査で行われる在籍確認とは?

キャッシングの審査では在籍確認が行われると聞いたことはありませんか?在籍確認とは、申し込み時に申請した勤務先にちゃんと在籍しているのか電話で確認することです。中にはこの在籍確認が嫌で申し込みをためらっている人もいます。今回は在籍確認について解説していきます。

 

・在籍確認の目的

在籍確認の目的は大きく2つあります。

 

@在籍しているかの確認

まずは本人がちゃんと在籍しているかの確認です。申請した勤務先が嘘であればもちろん審査に落ちてしまいます。勤務先は審査の重要なポイントであるため、確実に在籍しているかの確認のため在籍確認が行われます。また、この在籍確認は必ず行われるという訳ではありません。中にはランダムに在籍確認をしているため、在籍確認が必須という訳ではない消費者金融機関もあります。

 

A詳細情報の確認

また、申込者本人と細かな情報について確認するのも在籍確認の目的の1つとなっています。たとえば、過去に延滞があった場合や登録されている住所が現住所と違う場合など、本人に直接確認する必要があると思われる情報の確認も在籍確認を兼ねて行うこともあります。

 

・在籍確認の実態

在籍確認があると会社にキャッシングすることがバレてしまうと不安になっている人も多いと思いますが、実はそんな心配は全く不要です。確かに消費者金融機関の担当者が職場に電話をかけてきますが、「〇〇金融の△△です」というように会社名を明かすことはありません。

 

消費者金融機関は申込者のプライバシーを最大限尊重しており、会社名を名乗ることはありません。大抵の場合は担当者の個人名でかかってきます。そのため、会社にキャッシングを申し込んだことがバレてしまうということは無いので心配する必要はないのです。

 

また、申し込み時に在籍確認の日時を希望しておけば、自分で電話を取ることもできます。どうしても不安だという人は、申し込み時に担当者に在籍確認の日時について希望を伝えましょう。

 

・派遣社員の場合の対応方法

派遣社員で派遣会社から派遣されている人の場合、勤務先は派遣元の会社を登録しましょう。

 

派遣先の会社では派遣社員の存在感が薄いこともあり、在籍確認があった時に「そのような者はおりません。」と電話を取った人が伝えてしまうことがあるからです。こうなると即審査落ちとなってしまいます。そのため、派遣社員の場合は派遣元の会社を登録したほうが無難なのです。