銀行カードローンは年収制限なしってほんと?

キャッシングを含めお金を借りる時に非常に重要なのが年収です。年収によって借りられる金額に制限があるからです。この年収制限は実は総量規制という法律によって決められています。でも実は、銀行カードローンならこの総量規制の対象外になります。

 

・総量規制とは?

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけないという法律です。

 

通常のキャッシングを利用する場合、この総量規制によって融資可能額に制限がかかるのです。しかも、この総量規制は他社からの借入残高も全て含めた金額です。

 

たとえば、年収300万円の人に対して100万円を超えてお金を貸し付けることはできません。もしこの人が他社から既に70万円を借りていた場合、他の消費者金融機関は最大で30万円までしかその人に融資することはできません。

 

そのため、それぞれの消費者金融機関から100万円ずつ借りるということもできないのです。総量規制の対象となるキャッシングの場合、どんなにお金を借りたいと思っても年収300万円の人が100万円を超えて融資を受けることはできません。

 

・なぜ他社からの借入残高がわかるの?

ではなぜ、他社からの借入残高がわかるのでしょうか?キャッシングを利用すると、その利用情報が個人信用情報機関に登録されます。消費者金融機関は申込者の審査をするとき、その人の信用情報をこの個人信用情報機関でチェックするため、他社からの借入残高もわかってしまうのです。

 

そのため、借り入れ状況で嘘の情報を入力したとしても結局はバレてしまいます。くれぐれも嘘の情報を入力しないようにしましょう。

 

・銀行カードローンは総量規制の対象外

キャッシングは総量規制の対象となるため年収制限がありますが、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため年収制限がありません。そのため、年収300万円の人でも100万円を超えるお金を借りることが可能です。総量規制も全ての融資行為を対象としている訳ではないのです。

 

たとえば、住宅ローンや自動車ローンも総量規制の対象外です。もし住宅ローンが総量規制の対象であった場合、住宅を購入できる人はほとんどいないでしょう。

 

銀行カードローンはキャッシングと同じく使途がほとんど限定されていませんが、ローンの一種であるため総量規制の対象外となっています。そのため、総量規制の年収制限のためにキャッシングが利用できないという人は銀行カードローンを利用することをオススメします。